FC2ブログ

これが最後の紐一條!五十嵐久一作「綾竹三連菱」75年組んだ89才の究極の技

こんにちは~ あねっさです


本日もご訪問いただきありがとうございます

私が着物初心者の若葉の頃は

まったく気づいちゃいなかったけれど

今はよく分る

きもの姿を美しくお洒落に決めてくれる最大のポイントは

間違いなく小物(帯締めと帯揚げ、お草履など)

小物は大物です


中でも

最後に結ぶ帯締めはとっても重要です

ビギナーの時はつい着物や帯に一生懸命になって小物は適当~と安易に考えてしまいますが

いくら着物や帯が良くても帯締めで

あ~残念になっちゃう

逆に着物や帯を帯締め一本で飛び切りお洒落に決めることもできるのです



今は帯締めもほとんどが機械製や中国の糸です

そのクオリティも様々です



また

極上の締め心地と間違いなく感動を与えてくれる純国産絹で手組みの帯締めは

極めて希少です

平田組紐の貝ノ口両面亀甲組に似ていますが全く違うものもたくさん出回っています

こちら→武士の命を守った組紐~平田組紐 貝ノ口両面亀甲組を体感

それが違うものと分かって購入するのは〇ですが、そうでなければ後で後悔し、それはいくらお安くても高い買い物になるのです

私の経験では一度クオリティの良い帯締めを結ぶとそうでない帯締めには自然と手が伸びなくなります


数は要らないので小物は良いものを厳選して持つこと

これが今の私の考え方です



平田組紐

五十嵐久一作「綾竹三連菱」


IMG_0001 (2)

これが最後の一條。。。最後の一本です

平田組紐さんでは

手組みの組紐はこれと決めたら生涯一人、1つの技(組み方)なんです

組んで組んで組み続けて

40~50年経って

手の油が抜けた70才を超えるくらいではじめて熟練の技となる

結んでいるのを忘れるくらい軽くて

ぐーーーと伸びてグンと戻る伸縮性は

呼吸してくれる最高の締め心地です!

手組みですので大変な時間がかかります

日本の純国産絹 ぐんま200の素材と至宝の技はやっぱり平田さん






IMG_0033 (2)

でもここでもきものと帯と同じ後継者問題がありました

五十嵐久一さんは小学校を卒業して75年間、ずっと綾竹三連菱を組み続けた究極の技です。

が…

とても残念なことに

体調を崩されもう組めないので

これが最後の紐一條…最後の一本なのです



IMG_0029 (2)



思わず

ほーっとため息が出ました

なんて繊細で精緻を極めた組み方なんだろう

そして

品格があってとても軽いのです

この子はフォーマルからカジュアルまで幅広く活躍してくれますね



手組みと機械組みの決定的な違いは玉の重さ

機械では200匁より軽い玉は組めないのです



IMG_0008 (2)
この落款つきの巻紙は証明書ですので私は大切に保管しています


75年組み続けた究極の紐は当然のこととして

手組みだからこそのクオリティなのです

五十嵐久一作「綾竹三連菱」

75年組み続けた89才の究極の技

残念ながら最後の紐一條となりました


本物が無くなる日が確実にすぐそこに来ていると実感しています



さて

グリーンのこの子のデビューを拝見するのが待ち遠しいです(^^♪



今宵は満月がとてもとても綺麗で

しばらく見とれておりました



またあした♡




京都はんなり着物歳時記のタイトルをクリックして頂いたら最新記事から5記事連続でご覧頂けます

またPCビューでは、20カテゴリ別に、美しく着くずれなく楽な自装や優しい決まりごと、コーデ、自分でヘアアップの方法などもご覧いただけます。携帯からもパソコン版をクリックしてみてくださいね(^^)


最後までお読み頂き、ありがとうございます



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あねっさ千文

Author:あねっさ千文
【お仕事】
臨床検査技師
日本超音波学会認定 超音波検査士(消化器、循環器領域)
総合病院で勤務し40年目になります。

【出身地】大阪府豊中市
1959年生まれの射手座のO型です
京都市に在住し同じく40年です。

【座右の銘】あしたはあした あたしはあたし



【自己紹介】
●営利目的無し、スポンサー無し、直球勝負のキモノが大好きな個人のブログです♡

●着物は今は非日常着です。私も白衣が制服で洋服が日常着です。

また女性は60才からが人生のセカンドステージ~第2章です

非日常着のキモノを纏い日常から大変身し非日常のワクワクする世界~歌舞伎や文楽やお能を観たり、おぎゃあと生まれたキモノの産地に行って本物のものづくりに感動したりまた宇宙一キモノが似合う街、京都を楽しむことで知的好奇心が活性化され日常生活にもハリが出て人生のセカンドステージでマイキモノライフを満喫しています

●令和元年5月3日より和’千文を主催しております♡

和’千文(わ せんぶん)とは

着物を心から楽しみ着物の産地を応援し、和の伝統文化(歌舞伎、能楽、文楽、茶道など)や礼法などの振興およびきもののスキルアップにつとめる営利目的としないきもの大好きファストの会です。





【ブログを始めたきっかけ】
●12年前に着物を学び始め和装文化の奥深さに感動。
キモノに憧れてキモノを始めた皆さんに大好きになっていただきたくてブログを始めました。

これからも日本の伝統文化である着物の素晴らしさを次代に伝えていきたいと思っています♡

また1人でも多くのキモノ愛好家が増えて、着物っていいな~って、日々の元気パワーに繋がるようなブログを目指しています❣
どうぞよろしくお願いいたします。

●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会 きものコンサルタント及び礼法講師資格

◆あねっさ千文流7K攻略法とは?
 日本の民族衣装である美しいキモノに憧れて振り袖や浴衣は着られる方は多いのに、それから先の和装を楽しむ方がなぜ、激減してしまうのか?をキモノ好きへの道を阻む7つのK(危険因子)として…
①着かたがわからないKIKATA
②価格が高くて不透明KAKAKU
③管理が難しそうKANRI
④着ていく機会が無いKIKAI
⑤着こなしが難しそうKIKONASHI
⑥格・TPOなどの決まりごとが難しそう(KIMARIGOTO)
⑦自分で髪型のアップができないKAMIGATA
をあげて、これら7Kを攻略し、綺麗(kirei)と感動(kandou)の2Kに変えてキモノライフを楽しむヒントを書いております^^

【このブログの登場人物】
♥シスターズ:信愛なる着物仲間たち
♥にゃんこ:
はっちゃん(八兵衛)2016年1月に捨て猫で保護されてあねっさ家へ 人が大好きな甘えん坊な男のコ



花梨 2016年6月に捨て猫で保護されて八兵衛の妹分になる!好奇心いっぱいで行動派の女のコ


クロスケ 2017年10月に捨て猫で保護されて末っ子になる。食への執念たるや凄まじく…あねっさ家のタイフーンニャンコです 笑



はな 2015年7 月彼岸へ旅立つ
茶々 2015年11月彼岸へ旅立つ

自分が実際に体感した感動だけをそのままダイレクトにお伝えする「体感型ブログ」です。

大好きなミュージシャン:ユーミン

大好きな歌舞伎役者さん:仁左衛門さん、玉三郎さん


どうぞ宜しくお願い致します(^^)

インスタはすぐ忘れちゃうのでボチボチとアップしています 笑
京都はんなり着物歳時記インスタグラム


コメントは管理者の判断により公開させて頂けない場合もございますのでご了承くださいませ。

★写真および文章などブログ内の記事の無断転載は固く禁止します。

京都はんなり着物歳時記

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR