FC2ブログ

そのとき湖面が見えた!橋がかりの極上の余韻~大槻能楽堂バックステージツアー(7)

こんにちは~ あねっさです


本日もご訪問いただきありがとうございます

和’千文伝統芸能部(能楽・文楽・歌舞伎の伝統芸能を愉しむ会)の

シスターズからもこんな嬉しい感想をいただきます



ねえさん、今日「道成寺」を観てきました。
もう言葉にならないぐらいの感動‼️
能は本当に凄いです!(Fちゃん)


ねえさん。
今日は、着物で一人で豊田市の能楽堂に行ってきました。

曲目は葵上で、六条御息所の舞いの迫力に感動し、思わず涙が溢れました。
感情をあらわに舞う姿は本当に心に響いて、涙しながら固まりました。

素晴らしい曲ですね💓

豊田の能楽堂は、お能と狂言だけでなく、色々な企画とセットになっていることも多く、今日はお囃子についての勉強会がセットでした。

また着物で行くと時々呈茶のサービスもあるんです❣️

学びが多く、また違う視点でお能を感じられました。

お能、大好きです❤️(Rちゃん)



伝統芸能に魅かれ、みんなで観劇するのもモチロン楽しいけど

お1人でも能動的に行動を起こし感動のスパイラルを心の糧とされている

嬉しいな~

とっても嬉しいです(^^♪





大槻能楽堂バックステージツアーの続記事(7)です(^^♪

能舞台ってほんとうに興味深い

約6m四方の本舞台と

長い廊下のような橋掛り(はしがかり)もまた舞台として活用され

二つの演技空間となるのですが

橋掛りの演技空間って感動の余韻が残るんですよね


IMG_0118_2019121123195458e.jpg

今もくっきりと感動が脳裏に刻まれているのは観世清和お家元の「采女」美奈保之伝

IMG_1226_20191212001948fb8.jpg


奈良時代に帝の寵愛を受けていたが采女(宮廷に仕える女官の職名)が寵愛が薄れ哀しみのあまり猿沢の池に身を投じ入水した

采女の切ないまでの哀しみが胸に迫り。。。

橋掛りで舞うお家元の采女の霊魂がラストに猿沢池にす~っと還る場面では

橋掛りが一瞬で消えて

目の前に猿沢池の湖面の水の輪が確かに見えたんです


IMG_1270_20191212001949cb3.jpg


気付けば三人とも涙が止まらなかった

私が能に目覚めたきっかけは胸がきゅんと切なくなるお家元の能

お家元の小塩、松風、采女をもし拝見しなかったらおそらく今のように能にハマることは無かったと思うんです

着物も能もきっかけってとっても大切ですね(^^♪


奈良県の采女神社は

入水した采女が自分の行いを恥じて一夜で猿沢池に背を向けたという言い伝えがあるそうです

采女神社にも行きたいね~と話しているんですよ

能の楽しみ方のひとつは能の演目の発祥の土地を着物でめぐるコト

その土地を五感で体感し心で感じることでより深くイメージがふくらませることが出来る

能発祥の土地を着物でめぐる旅



考えただけでワクワクが止まりません(*^^*)

これからいっぱい行きたいね~って盛り上がっています(^^♪



面白きことはめでたき事

笑顔でめいっぱい着物で和の文化を楽しみ

めでたき人生にしましょう




きゃほ~(*^^*)







ではいよいよ

おま~く(^O^)/

に続きます


またあした♡



京都はんなり着物歳時記のタイトルをクリックして頂いたら最新記事から5記事連続でご覧頂けます

またPCビューでは、20カテゴリ別に、美しく着くずれなく楽な自装や優しい決まりごと、コーデ、自分でヘアアップの方法などもご覧いただけます。携帯からもパソコン版をクリックしてみてくださいね(^^)


最後までお読み頂き、ありがとうございます



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あねっさ千文

Author:あねっさ千文
【お仕事】
臨床検査技師
日本超音波学会認定 超音波検査士(消化器、循環器領域)
総合病院で勤務し40年目になります。

【出身地】大阪府豊中市
1959年生まれの射手座のO型です
京都市に在住し同じく40年です。

【座右の銘】あしたはあした あたしはあたし



【自己紹介】
●営利目的無し、スポンサー無し、直球勝負のキモノが大好きな個人のブログです♡

●着物は今は非日常着です。私も白衣が制服で洋服が日常着です。

また女性は60才からが人生のセカンドステージ~第2章です

非日常着のキモノを纏い日常から大変身し非日常のワクワクする世界~歌舞伎や文楽やお能を観たり、おぎゃあと生まれたキモノの産地に行って本物のものづくりに感動したりまた宇宙一キモノが似合う街、京都を楽しむことで知的好奇心が活性化され日常生活にもハリが出て人生のセカンドステージでマイキモノライフを満喫しています

●令和元年5月3日より和’千文を主催しております♡

和’千文(わ せんぶん)とは

着物を心から楽しみ着物の産地を応援し、和の伝統文化(歌舞伎、能楽、文楽、茶道など)や礼法などの振興およびきもののスキルアップにつとめる営利目的としないきもの大好きファストの会です。





【ブログを始めたきっかけ】
●12年前に着物を学び始め和装文化の奥深さに感動。
キモノに憧れてキモノを始めた皆さんに大好きになっていただきたくてブログを始めました。

これからも日本の伝統文化である着物の素晴らしさを次代に伝えていきたいと思っています♡

また1人でも多くのキモノ愛好家が増えて、着物っていいな~って、日々の元気パワーに繋がるようなブログを目指しています❣
どうぞよろしくお願いいたします。

●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会 きものコンサルタント及び礼法講師資格

◆あねっさ千文流7K攻略法とは?
 日本の民族衣装である美しいキモノに憧れて振り袖や浴衣は着られる方は多いのに、それから先の和装を楽しむ方がなぜ、激減してしまうのか?をキモノ好きへの道を阻む7つのK(危険因子)として…
①着かたがわからないKIKATA
②価格が高くて不透明KAKAKU
③管理が難しそうKANRI
④着ていく機会が無いKIKAI
⑤着こなしが難しそうKIKONASHI
⑥格・TPOなどの決まりごとが難しそう(KIMARIGOTO)
⑦自分で髪型のアップができないKAMIGATA
をあげて、これら7Kを攻略し、綺麗(kirei)と感動(kandou)の2Kに変えてキモノライフを楽しむヒントを書いております^^

【このブログの登場人物】
♥シスターズ:信愛なる着物仲間たち
♥にゃんこ:
はっちゃん(八兵衛)2016年1月に捨て猫で保護されてあねっさ家へ 人が大好きな甘えん坊な男のコ



花梨 2016年6月に捨て猫で保護されて八兵衛の妹分になる!好奇心いっぱいで行動派の女のコ


クロスケ 2017年10月に捨て猫で保護されて末っ子になる。食への執念たるや凄まじく…あねっさ家のタイフーンニャンコです 笑



はな 2015年7 月彼岸へ旅立つ
茶々 2015年11月彼岸へ旅立つ

自分が実際に体感した感動だけをそのままダイレクトにお伝えする「体感型ブログ」です。

大好きなミュージシャン:ユーミン

大好きな歌舞伎役者さん:仁左衛門さん、玉三郎さん


どうぞ宜しくお願い致します(^^)

インスタはすぐ忘れちゃうのでボチボチとアップしています 笑
京都はんなり着物歳時記インスタグラム


コメントは管理者の判断により公開させて頂けない場合もございますのでご了承くださいませ。

★写真および文章などブログ内の記事の無断転載は固く禁止します。

京都はんなり着物歳時記

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR