ノーマークだった滝の白糸に感動したもうひとつの理由~歌舞伎座三月大歌舞伎(3)

こんにちは~ あねっさです


本日もご訪問いただきありがとうございます

続記事です(^^♪


もう奇跡です

ずっと見たいよーってブログにも書いてきた伝説の「孝玉コンビ」に歌舞伎座で出逢えた


IMG_6927.jpg

あの日から4日も経つのに、感動の余韻が薄れるどころかどんどん大きくなる

1_201803151604539a8.jpg

ホンモノの舞台の感動って色褪せないってこういうことだったのね



仁左衛門さんが孝夫時代に玉三郎さんと組んでポスターも盗まれるほどの大人気だった孝玉コンビ

今回41年振りのお二人の人気演目を拝見して

極上の感動が体感出来ました(*^^*)

ほんとうは千穐楽に近い日に行きたかったー!

舞台のブロマイド写真が出来るのは後半から

歌舞伎座に近かったら絶対!幕見で行ってGETしています



IMG_6926_20180314222324dab.jpg

大阪で実際に起こったお染久松の心中事件から色んなバージョンで書かれているお染久松もの

私、実はこれまで文楽や歌舞伎でお染久松ものを見てきて正直もう一つ好きじゃなかったんですよね

お染ちゃんに可愛い焼きもちを焼きながらも最後は2人の犠牲になった久松のいいなずけのお光ちゃんが哀れだった野崎村もイマイチ納得できなかったし

何といっても周りが良い人ばかりなのになんで簡単に旅立つの?

ちょいとあんたたちそこに座りなさい!って思わず説教したくなるような幼いお染、久松を見るたびにフィクションだとは思ってもやっぱり納得いかなかった私…。


それが今回の鶴屋南北作 於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)~

通称 お染の七役は一人の女方がなんと七つの役(お染、久松、土手のお六、お染の母、お光、奥女中の竹川、芸者の小糸)を早変わりしちゃうという七変化の大スペクタル


その中でも今回はたばこ屋の土手のお六(玉さま)と夫、鬼門の喜兵衛(ニザさま)が

なんとフグにあたって死んだ死人を使って油屋を強請(ゆすり)に行く強請場(ゆすりば)をじっくりと。

二人は結局失敗しちゃうんだけど

この歌舞伎の見せ場のひとつ強請(ゆすりば)場が

そりゃもう最高に痛快で

鶴屋南北の作品に必ず登場するといわれる早桶(≒かんおけ)の上でカミソリを片手にグーーーっと見得を切る仁左衛門さんのカッコ良かったこと!



そしてそして玉さまの悪女は飛び切り気品があって足の指にすっと線で引かれたペティキュアまでもがドキドキの美しさで

玉さまの美意識の高さに感動した


ベースに名刀・午王義光の紛失をめぐるお家騒動も絡んでいるところが歌舞伎らしく

強請(ゆすり)を失敗して花道七三で玉さまとニザさまが早桶をかつぐまでの数分間がこれまた阿吽の呼吸でね

おっかあ帰るか~なんて。。。はい!私にも言ってぇ~

あーーー消えないで

あー桶の中に入りたいーーーーー)^o^(





そして圧巻の神田祭

もうこれはお2人以外はまったく覚えていないくらいこれまで見たことが無いオーラが放たれていて

着物ビトとしては衣裳も興味深いのですが

追っかけ五枚銀杏の松嶋屋の紋を首抜きにした仁左衛門さんの鳶の頭と(↑の写真)

荒波模様の着物に博多献上の帯を柳に結んだ玉三郎さん

はい!もうこれは言葉はいらない

サイコーーーー(^O^)/






そして予想外の事態が発生


あー最高だったね!とシスターズと手を取り合ってぴょんぴょん飛び跳ねながら喜んで

これで思い残すことなく京都に帰れると

ふと時計を覗いて驚いた。

え?まだ18時20分なの?

孝玉コンビがメインだと思っていたけど

これから滝の白糸?

え?2時間半もあるの?ビックリ(+o+)



IMG_6924.jpg

なんと

まったくノーマークだった

泉鏡花原作 玉三郎さま演出 滝の白糸に私たち泣かされちゃったんです(ノД`)・゜・。



主役の白糸は泉鏡花の作品を大切にされている玉三郎さんがこれまで5回も演じてこられた新派の名作

あら。筋書きを見ると孝玉コンビでも一度されていたんですねー(見たかったなア~)

それを壱太郎(かずたろう)松也のコンビで演じます


う~む

私は正直なところ、壱太郎クンにはまだ荷が重いんじゃないかな~と思っていたんですよ

ところが

壱太郎クンはそんな周りの想いを吹き飛ばすくらいの情熱と素直な感性で白糸を演じきった

そりゃモチロン!まだまだですよ

でもね

玉さまもニザさまもみんなお若い時はそうだったんですよね

壱太郎クンが玉三郎さんの指導のもと、そりゃもうひたむきにお稽古をして今の自分の等身大の白糸を懸命に演じたいって気持ちがジンジン伝わってきましてね

このこってほんとうに素直で歌舞伎が大好きないい子なんやな~とジーンときちゃったんですよ

壱太郎クンは確実に伸びますね!この素直な感性こそ彼の宝ですね



そして松也クン

ラストの法廷の場の感情移入驚きました

周りからすすり泣く声が。。。そしてシスターズも号泣していました

色香があってこれまた歌舞伎が大好きな松也クン

間違いなく大物の器ですよね

これからますます楽しみデス




ん?

ちょっと待って~

ってことは。。。今回の午後の演目のメインは滝の白糸

玉三郎、仁左衛門のお2人はこれから伸びる若い役者さんたちのために先に出られた。。。ってこと?

はー

感動

道を求める者には全力ですべて伝えるというお2人の

歌舞伎を次世代につなぎたいという熱く深い想いに触れたようで

またまた大好きになったのです

若い役者さんの成長をこれからも応援したいです



でね

滝の白糸では金沢の浅野川の卯辰橋の下で白糸(壱太郎)と欣弥(松也)が運命の再会をするんですが

私たち

行ってたんですよ

金沢の3つの茶屋町のひとつ

金沢市 主計町(かずえまち)
IMG_2437_20180314225829318.jpg

昨年12月の加賀友禅産地の旅で


IMG_2463_201803142258324a2.jpg


IMG_2463_201803142302583e6.jpg


主計町の隣町で生まれ育った泉鏡花が歩いた道を


IMG_2462_201803142309570a2.jpg



IMG_2429.jpg




滝の白糸の原作

明治27年の泉鏡花の短編小説「義血侠血(ぎけつきょうけつ)」が生まれた土地を


一階が出格子で二階に縁側がある風情ある景色を

IMG_2430.jpg

2人が再開した運命の橋のたもとを…


IMG_2461.jpg


2人は哀しいラストだったけど

IMG_2473_20180314231117d7a.jpg

着物の産地を巡る旅で出逢えた感動の連鎖が

IMG_2470_2018031423111628d.jpg

歌舞伎にも通じるんだな~って

またまた着物から拡がる和の文化にドキュン


しかし、よくよく考えたら歌舞伎や能や文楽って何百年も昔に作られたドラマが今も脈々と受け継がれているんですよね

これってすごいことですよね


1_201803151604539a8g.jpg


そして玉さまとニザさまの歌舞伎を愛する深い魂に触れて。。。






きゃ

四月の歌舞伎座チケットもゲッチュ



ニザさまの一世一代の通し狂言!絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)

着物で参ります!



あ。帰りの新幹線に絶対乗らなきゃ~9時までに終わるかな~(^.^)

歌舞伎座 三月大歌舞伎は3月27日まで(^^)/

玉さまの解説や歌舞伎のテレビ放送の情報も歌舞伎びとサイトに載っていますよー17日は左團次さんが松也クンたちとトーク

二月大歌舞伎の放送もありますね

楽しみー(^^♪



ではこちらに続きます

さて私は歌舞伎座の舞台のどこから覗いているのでしょうか?


わっかるかなぁ?




またあした♡




京都はんなり着物歳時記のタイトルをクリックして頂いたら最新記事から5記事連続でご覧頂けます

またPCビューでは、20カテゴリ別に、美しく着くずれなく楽な自装や優しい決まりごと、コーデ、自分でヘアアップの方法などもご覧いただけます。携帯からも下の↓PCビューをクリックしてみてくださいね(^^)



最後までお読み頂き、ありがとうございます


最後にこちらのバナーに、はんなりクリックして頂けたら嬉しいです

桜さくらバナー


にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anessa

Author:anessa
【お仕事】
臨床検査技師
超音波検査士(消化器、循環器領域)
総合病院で勤務し37年目になります

出身地は大阪府豊中市
京都市に在住し同じく37年です。

キモノが大好きな個人のブログです♡
仕事がお休みの週末に着物仲間といっしょに着物で京都や歌舞伎・文楽・能などの伝統芸能やコンサート、食事会など色々楽しんでいます。

10年前に着物を学び始め和装文化の奥深さに感動。
キモノに憧れてキモノを始めた皆さんに大好きになっていただきたくてブログを始めました。

1校目で2年学び何か物足りなさを感じ、現在2校目の学校、装道礼法きもの学院で着装科教授科まで学んだ後、着装の認可教室資格取得。現在は装道礼法科高等師範科で礼法を学んでいます。
これからも日本の伝統文化である着物の素晴らしさを次代に伝えていきたいと思っています♡
また1人でも多くのキモノ愛好家が増えて、着物っていいな~って、日々の元気パワーに繋がるようなブログを目指しています❣
どうぞ宜しくお願い致します(^^)


◆資格
公益社団法人 全日本きものコンサルタント協会認定
きものコンサルタント3級
礼法講師8級

◆あねっさ流7K攻略法とは?
 日本の民族衣装である美しいキモノに憧れて振り袖や浴衣は着られる方は多いのに、それから先の和装を楽しむ方がなぜ、激減してしまうのか?をキモノ好きへの道を阻む7つのK(危険因子)として…
①着かたがわからないKIKATA
②価格が高くて不透明KAKAKU購入方法が解らないKOUNYUU
③管理が難しそうKANRI
④着ていく機会が無いKIKAI
⑤着こなしが難しそうKIKONASHI
⑥格・TPOなどの決まりごとが難しそう(KIMARIGOTO)
⑦自分で髪型のアップができないKAMIGATA
をあげて、これら7Kを攻略し、綺麗(kirei)と感動(kandou)の2Kに変えてキモノライフを楽しむヒントを書いております^^

◆このブログの登場人物
♥シスターズ:信愛なる着物仲間たち
♥H子先生:尊敬する着装の恩師
♥にゃんこ:
はっちゃん(八兵衛)2016年1月に捨て猫で保護されてあねっさ家へ 人が大好きな甘えん坊な男のコ
花梨 2016年6月に捨て猫で保護されて八兵衛の妹分になる!好奇心いっぱいで行動派の女のコ
クロスケ 2017年10月に捨て猫で保護されて末っ子になる。何でも食べちゃう食への執念たるや凄まじく…あねっさ家のタイフーンニャンコです 笑

コメントは管理者の判断により公開させて頂けない場合もございますのでご了承くださいませ。

★写真および文章などブログ内の記事の無断転載は固く禁止します。リンクフリーです。

2017.11.28よりインスタはじめましたが…しょっちゅうアップを忘れます 笑

京都はんなり着物歳時記インスタグラム



京都はんなり着物歳時記

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR