高台寺観月茶会2017~雪月花の帯を庭園にて(3)

こんにちは~ あねっさです

本日もご訪問いただきありがとうございます


高台寺観月茶会の続きです

はじめての方はこちらからどうぞ→出逢っちゃった!高台寺観月茶会(1)


高台寺をねねさんが造営したときに、実は徳川家康がかなりの財政援助をしていたんですよね

ってことは秀吉さんが亡くなった時はまだねねさんとも仲良くやっていたってことよねー

その援助のおかげで高台寺は壮麗をきわめたそうですが、たびたびの火災で焼失し

今は、開山堂、霊屋(おたまや)、傘亭、時雨亭、表門、観月台が重要文化財に指定されています

私は昼間の高台寺も伺いましたが

はじめての方はこちらも後で比較してくださいね→和ろうそくのやさしさ~高台寺夜咄茶会(1)

夜空に龍が翔け…そして奇跡が起こった~高台寺夜咄茶会(2)






夜のライトアップされた庭園がやっぱり大好き

IMG_0421.jpg


小堀遠州が手がけた庭園は国の史跡・名勝に指定されていて

ねねさんが秀吉さんを偲びながら眺めた満月はさぞかし美しかっただろうな

IMG_0422_20170913204737f19.jpg

でも。。。月は見上げるだけでなく

この臥龍池に映った月を愛でることが何よりの醍醐味


少し気の早い赤く色づいた紅葉がアクセントとなって鏡面池に映り込み

ほんとうに美しいです

IMG_0428_201709132039433c0.jpg


でもね~昼間の臥龍池は決して綺麗...て感じじゃなく 

こんなにも昼夜で変化するのかと~驚きなんですよ

IMG_0431.jpg




遺芳庵(いほうあん)灰屋紹益と吉野太夫の好みの茶席。

IMG_0412.jpg
江戸時代の豪商、灰屋紹益とその妻で稀代の美女、吉野太夫との恋物語
満つれば欠ける哀れを愛した吉野太夫~

初めての方はこちらを→満つれば欠ける哀れを愛した吉野太夫の恋物語~




方丈前庭のこの丸い白砂は水に落ちる水滴を表しているそう

IMG_0424.jpg


開山堂 重文


IMG_0438.jpg
こちらも見どころがあります~

天井は秀吉の御座舟の天井が使われているんですが、一部だけ朱色の塗りが残っていました


さて

ここからが山登り(笑)。。。いえ急斜面の階段を上がり

秀吉さんとねねさんを祀る霊屋(おたまや)へ向かいます。

そうなんですよね~ここからのアップダウンが着物姿の場合、気をつけないとツルっとしますのでご注意を

霊屋(おたまや)の内部の高台寺蒔絵は何度拝見してもほんとうに素晴らしい。



千利休好みの茶席~傘亭


IMG_0442.jpg

屋根裏がまるでカラ傘を開いたように見えることから傘亭と呼ばれます

傘亭は伏見城の池に建てられていたので、秀吉さんは船に乗って船ごと出入りしていたそう

なので少し段差があるんですよ

船ごと茶室に入るとは。。。秀吉さんらしいな~

こちらの傘亭では今も茶会が開かれています

IMG_0440_20170913214349b5a.jpg




傘亭と土間でつながっている二階建ての茶室~時雨亭(しぐれてい)

時雨亭は秀吉が時雨のようにふいに突然訪れたことからそう呼ばれます

ねねさんは時雨亭の二階から大阪城の落城を見ていたといわれます。

はじめての方はこちらも→ねねさんの涙の先には...高台寺観月茶会


IMG_0449.jpg



帰りは竹のライトアップの中を下ります

IMG_0450.jpg

ではコーデもどうぞ


特に申し合わせたわけじゃ無いんですが

Sさん以外は全員

帯合わせに困るこの単衣の季節のお助けマン~

浅田綴れ dayでした 笑

私のブログは基本、着物の備忘録ですので、このように一気に偏るときがありますが

それもまた面白い。

コーデは素材の違いや小物の色合わせなどもご参考に~

小物など詳細はコーデカテゴリにてアップしますね



お若い時の本場大島紬を単衣に仕立てかえたTさん

IMG_0454.jpg

IMG_0328_201709132221289e7.jpg




夏大島に新田 朝陽の帯のSさん

IMG_0455_20170913221620fcf.jpg




IMG_0400_2017091322191463e.jpg



お茶人のFさんは江戸小紋の万筋の単衣


IMG_0456.jpg



さてこちらのIちゃん

え?Iちゃん痩せた?


IMG_0457.jpg

分かる?

なんで痩せたの?ダイエット?

エヘヘ~着物ダイエット(^^♪ 秋に纏うあの可愛い着物を綺麗に着てあげたいから~

ほ~恋を上回る着物愛ダイエットってことね!

着物は恋を上回る。。。これまた深い 笑


IMG_0401_201709132245520d4.jpg





同じくお茶人のKちゃんは受け継いだ単衣の付け下げ

IMG_0458_201709132216246de.jpg


思わず目が釘付けになる美しいブルーですね

IMG_0459_20170913224116b3d.jpg



私は単衣の江戸小紋~花びらの手描き友禅~東京さん

IMG_0399_2017091322435381d.jpg




この日はあいにく寝待月で月の出が遅かったので

月のかわりに

 雪月花を


IMG_0470.jpg

裏千家では

雪月花之式といって、折据の中の札を取りながら(雪はお菓子、月がお茶を頂く、花の札がお点前)と

役を決め1人が三役揃うまで終わらないという楽しいお点前があるそう


春の花  秋の月  そして冬の雪。。。雪月花


四季の季節の移ろいを着物の文様に織り込む日本人の感性はほんとうに素敵ですよね

IMG_0469_20170913224354765.jpg



こうやって毎年高台寺のお茶会に伺っているうちに

今まで特に感じていなかったんですが、

お茶もいいな~って

機会があればもう一度何十年振りかに習いたいな~と思うようになりました

これも徐々に大らかで優しいねねさんの想いに触れたから...?



明日もきっと良い日になりますよ




ではまたあした♡






京都はんなり着物歳時記のタイトルをクリックして頂いたら最新記事から5記事連続でご覧頂けます

またPCビューでは、20カテゴリ別に、美しく着くずれなく楽な自装や優しい決まりごと、コーデ、自分でヘアアップの方法などもご覧いただけます。携帯からも下の↓PCビューをクリックしてみてくださいね(^^)





最後までお読み頂き、ありがとうございます
日本ブログ村に参加しております。
皆さまの応援クリックが日々の更新の励みになります。

こちらのバナーのいずれかに、はんなりクリックして頂けたら嬉しいです~

2017中秋の名月は10月4日だよ~バナー

にほんブログ村


花梨バナー

にほんブログ村




八兵衛バナー

にほんブログ村







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

anessa

Author:anessa
【お仕事】
総合病院で臨床検査技師
主に超音波検査士として勤務し37年目になります

出身地は大阪府豊中市
京都市に在住し同じく37年です。

キモノが大好きな個人のブログです♡
仕事がお休みの週末に着物仲間といっしょに着物で京都や能・歌舞伎・文楽などの伝統芸能やコンサートなど色々楽しんでいます。

装道礼法きもの学院 着装科教授科まで学んだ後、着装の認可資格取得。現在は礼法科高等師範科で学んでいます。
私の夢は、いつの日か子供たちに和装の素晴らしさや礼法そして日本の伝統文化を伝えていくことです♡
また1人でも多くのキモノ愛好家が増えて、日本の和の文化を愛していただけるようにキモノ大好きな皆さまの日々の活力源になれるようなブログを目指しています。
どうぞ宜しくお願い致します(^^)

◆資格
公益社団法人 全日本きものコンサルタント協会認定
きものコンサルタント3級
礼法講師8級

◆あねっさ流7K攻略法とは?
 日本の民族衣装である美しいキモノに憧れて振り袖や浴衣は着られる方は多いのに、それから先の和装を楽しむ方がなぜ、激減してしまうのか?をキモノ好きへの道を阻む7つのK(危険因子)として…
①着かたがわからないKIKATA
②価格が高くて不透明KAKAKU購入方法が解らないKOUNYUU
③管理が難しそうKANRI
④着ていく機会が無いKIKAI
⑤着こなしが難しそうKIKONASHI
⑥格・TPOなどの決まりごとが難しそう(KIMARIGOTO)
⑦自分で髪型のアップができないKAMIGATA
をあげて、これら7Kを攻略し、綺麗(kirei)と感動(kandou)の2Kに変えてキモノライフを楽しむヒントを書いております^^

◆このブログの登場人物
♥シスターズ:信愛なる着物仲間たち
♥H子先生:尊敬する着装の恩師
♥にゃんこ:
はっちゃん(八兵衛)2016年1月に捨て猫で保護されてあねっさ家へ 人が大好きな甘えん坊な男のコ
花梨 2016年6月に捨て猫で保護されて八兵衛の妹分になる!好奇心いっぱいで行動派の女のコ


コメントは管理者の判断により公開させて頂けない場合もございますのでご了承くださいませ。

★写真および文章などブログ内の記事の無断転載は固く禁止します。


京都はんなり着物歳時記



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR